2015年2月5日木曜日

浄水器のメンテナンス

浄水器を効果的に使用するための意外なポイントは、清掃とメンテナンスです。

浄水器は、活性炭や逆浸透膜により水道水の異臭味などを取り除くと同時に、残留塩素を取り除くため、浄水では殺菌力がなくなります。

このため、浄水出口をまめに洗浄したり、出口のノズル部分の交換ができる製品を選択することが重要です。

また、ビルトインタイプの場合も、カートリッジ交換時にはホースが洗浄できたり、交換できるものを選びましょう。

特に、浄化水をいったんタンクにためて使用するアルカリイオン水や逆浸透膜タイプは、タンクの清掃をまめにおこなう必要があります。

できれば、浄水器の構造がシンプルで丸洗いすることができるような製品がよいでしょう。電気を使用する製品は丸洗いできません。

水道配管内部に塩素がない浄化水が多く滞留する全量浄化型の浄水器は、蛇口からの汚染や水道水内の従属栄養細菌などにより、配管内部にバイオフィルムが形成されやすいので注意が必要です。配管内部には水垢が必ず付着するからです。

「ソリューヴ」は【有害物質を除去】するセントラル方式の浄水器です。

0 件のコメント:

コメントを投稿